イソフラボンには、男性の薄毛・脱毛を抑制する効果があります

イソフラボンには、男性の薄毛・脱毛を抑制する効果があります

大豆などのマメ科植物に含まれるイソフラボンは、別名植物性雌性ホルモンとも言われており、人体内で雌性ホルモン様作用を示すことが特徴的です。
男性においては、雄性ホルモンの産生・分泌が盛んなる時期において、時として分泌過多となり、このことが薄毛や脱毛の原因となることが問題となっています。
薄毛や脱毛は、早ければ思春期頃から毛髪が少しずつ抜けていくなどの症状が見られます。
額の生え際から徐々に髪が後退していくパターンや、頭頂部から薄毛になっていくパターン、あるいは、生え際と頭頂部が同時に薄毛になっていくパターンなど症状には個人差があります。
一般には喫煙やアルコール依存、ストレスの蓄積などにより発症しやすいと言われていますが、雄性ホルモンの分泌過多が原因であることが分かってきており、また、遺伝的な影響なども指摘されています。
このようなとき、育毛剤や植毛による頭髪維持、形成も有効な手段となりますが、大豆などマメ科の植物を利用した食品を多く摂取することも薄毛、脱毛対策として有効です。
マメ科植物には、イソフラボンが多く含まれ、その雌性ホルモン様作用が雄性ホルモン作用に対して拮抗的に働き、薄毛や脱毛に対して抑止的効果があることが分かっています。


精巣や副腎において産生される雄性ホルモンは、男性の身体的な特徴を発現させることに関わります。
ところが、この雄性ホルモンに対して特異的に作用する還元酵素によってジヒドロ体に還元され、前駆体である雄性ホルモンの数倍もの作用を受容体細胞に対して及ぼすことが知られています。
この還元酵素の雄性ホルモン作用亢進効果によって男性の二次性徴が支えられていますが、産生過多となると、その強い作用が毛皮細胞を刺激し、毛皮細胞のダメージによって薄毛や脱毛の原因となるのです。
大豆などマメ科植物には、イソフラボンという物質が多く含まれており、この物質は、女性に特徴的な雌性ホルモンと同じような働きを人体内で示すことが分かっています。
従ってマメ科植物からイソフラボンを摂取することによって得られる雌性ホルモン様作用により、血中の雄性ホルモンの濃度を拮抗的に低減させることができ、結果として雄性ホルモンのジヒドロ体への変化を抑制することができるのです。
このマメ科植物の有する雌性ホルモン様作用による効果は、男性の薄毛や脱毛対策としてだけでなく、女性においても雌性ホルモン分泌過多や、更年期における分泌機能低下による様々な障害の対策として広く利用されています。
イソフラボンが男性に与える嬉しい効果についてはこちらにも詳しくかかれていますのでご覧ください。