イソフラボン過剰摂取による副作用

イソフラボン過剰摂取による副作用

大豆イソフラボンとはそもそも大豆の胚芽に多く含まれているポルフェノールの一種であり、抗酸化作用を持っていることから、活性酸素の発生を抑制する効果があると言われています。
また成分構造は女性ホルモンであるエストロゲンとよく似ているとされており、体内に摂取されるとエストロゲンと同じような働きをすることから、植物性の女性ホルモンと言われています、また加齢による更年期症状の予防や改善、動脈硬化の予防効果、骨粗鬚症の予防効果、乳がん前立腺がんの予防効果などといった事が効能として期待できると言われています。
ただ、豆腐、納豆、味噌、豆乳などの大豆食品から食品として摂取する場合であれば特に問題になることはないかと思われますが、大豆イソフラボンの成分を含有したサプリメントや特定保健用食品などを過剰に摂取すると、問題となるケースが生じる場合があるようで、食品安全委員会は妊娠している女性や、乳幼児などがサプリなどからの過剰摂取による副作用に注意するようにと警告しています。
過剰摂取で起こりうる問題についてはhttp://www.beens-architect.jp/hukusayou.htmlに詳しく載っています。

また日本の食安全委員会が過剰摂取が、乳がんを引き起こすという旨の発表をしており、イソフラボンの一日あたりの摂取量の目安として、70mg~75mgとしています。


また、特定保健用食品や、サプリメントで摂取する場合は一日あたり、30mgまでが上限と言われています。
残りの40mg~45mgは食品で摂取することになります。
例えば、豆腐半丁で約100gで、約、51g、豆乳一杯で約120g、約45mg、納豆一パック40mgで約51mg、摂取することが可能です。
大豆アレルギーのある方は特定保健用食品や、サプリメントなどにもアレルギーの可能性があるようなので、念のために、過剰摂取は避けた方がいいという事です。
またサプリメントや特定保健用食品から過剰摂取することによる問題点は、はっきりとした事が、いまだ解明されていないので、いまのところ、食品安全委員会が推奨している摂取量の上限値を厳守するのが一番賢明かとと思われます。
食品安全委員会も、通常の食事において、食品から大豆イソフラボンを摂る分には、特に問題はないとしていますので、基本的には食事から摂り、サプリメントや特定保健用食品で不足分を補う場合には適量を守ることが、一番重要と思われます。
女性にとって嬉しい効果が期待ができるイソフラボンを毎日、適量摂取することを守り、健康で気持ちのよい毎日を過ごされる事をお奨めします。
こちらも イソフラボンは1日どれくらい摂取していい? オススメですのでご覧になってみてください。